近年、釣り人のゴミ放置により、釣り禁止となる釣り場が増えています。 小さなゴミでも必ず持ち帰り、水や釣り場を汚さないようご協力ください。 OZモニター募集開始!

ounce tackle design オンスタックルデザイン

記事を検索

 時期:
 地域:
 魚種:
ルアー:

月別アーカイブ


以前のレポートはこちら
2009年7月以前のレポートはこちら
HOME>FIELD REPORT -釣り場からの声->軽いタッチのボトムアクション
皆様のおかげで、投稿採用 16,000件 を超えました!ありがとうございます!

軽いタッチのボトムアクション

  • 日時 2020.6.28 5~8時頃
  • 地域 新潟県 胎内市
  • レポ まついさん

  • 魚種 マゴチ
  • サイズ 49・57cm
  •  2匹
  • ルアー MANATEE
  • カラー 90サイス MT-04

小雨降る日曜の朝のサーフはウネリが残った状況。

いつもなら1/2ozを広範囲にキャストして釣れそうなカケアガリを探すけど、沖からの波と戻り波がぶつかっている20~25mくらいの場所がいい雰囲気なので、3/8ozで小さなアクションでの誘い。
ボトムを取ったら軽いタッチのボトムアクション(ラインワインドのアクションと同じくらい)。小さく2・3回アクションしてボトムに着いたら3秒ほど放置するとマゴチがヒット。

今回はアクション後、ボトムにマナティーを放置することに重点をおいての釣り。
なぜなら、アクション後マナティーがウネリでボトムを転がるように動くから。
ルアーがボトムを転がるように動くのも、マゴチ狙いにかなり有効なので、今回はZZヘッドも軽くして正解でした。

3匹目のマゴチも同じ誘いでヒットしたが波打ち際で痛恨のフックアウト。このあと雨が強くなったので一旦引き上げ、雨が止んでから再びサーフへ。
今度はいつものスタイルで1/2ozをキャストすると、ナイスサイズのスズキがヒット。

今年もサーフでのワインドが楽しい季節になりました。


お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク集
Copyright (C) ounce tackle. All Rights Reserved.

オンスタックルデザイン