近年、釣り人のゴミ放置により、釣り禁止となる釣り場が増えています。 小さなゴミでも必ず持ち帰り、水や釣り場を汚さないようご協力ください。 OZモニター募集開始!

ounce tackle design オンスタックルデザイン

記事を検索

 時期:
 地域:
 魚種:
ルアー:

月別アーカイブ


以前のレポートはこちら
2009年7月以前のレポートはこちら
皆様のおかげで、投稿採用 10,000件 を超えました!ありがとうございます!

カラー選択の勉強

  • 日時 2018.10.11 17~19時頃
  • 地域 兵庫県 尼崎市
  • レポ 隣の食いしん坊さん

  • 魚種 タチウオ
  • サイズ ~86cm
  •  36匹
  • ルアー MANATEE
  • カラー MT-03他

○潮汐  中潮
○干潮/14:02頃干潮/19:58頃満潮  月齢3.0
○風向/ 西~西南西 1~5m
○天気  曇/小雨

予想外の強い西風とそれを煽るような西からの川の様な潮流にZZstap30gは着底までかなりの距離を要し潮下に流される状況下で1640頃より開始。

風だけは少しにマシになった1715頃にマナティ90で80UP。
ポツリながら3本80UPが続き「今日はサイズがええやん!」と期待させたはいいがアタリが遠のいて「今日の地合いはもう終了??」状態で沈黙・・・・


流れが緩みだした1735頃に鯖?鯵? の様なハムハムあたりが数投続くので空合わせいれると、なんとタチウオ!
「80UP続いたが、もうカラーはあっていない」そう判断しクリアー系に変えるとここから爆釣が始まりました。

もう何をしてもアタリまくる状況です。
数匹釣ってボロボロになったマナティーをルミノーバーに変えると、着水と同時に馴染まないぐらいにすぐに飛びついてきて面白みなどなんもないので、数匹釣った時点で本日はルミノーバー封印。
早い只巻きに好反応なのでこの手も封印。

こういう状況下ならではのカラーによる違いを実感すべく無造作に選んだカラーで試していきますが、入れパク高活性でもつつきはすれど食い込こまないカラーがあり、透明度はあるが稍濁りの影響なのでしょうか、釣れるカラーでもアタリの出方が違い過ぎるということが大変勉強になりました。
(沖上がり後モニターさんとカラーの話をしましたが、私の所ではイマイチなカラーがモニターさんの所では大当たり。群れが違うのか面白い現象でした。)


天候が悪いので最終便が1900ということもありますし、まだまだ釣れる状況ですが段々とサイズダウンしてきて、おまけにこれ以上釣っても冷やせないので、早目の1830過ぎには
納竿としました。
(いつも釣れないと文句ばかり言ってるのに、釣れたら釣れたらで文句言う 笑)

もし、ルミノーバーで通すとえげつないぐらい釣れたという日でした。


お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク集
Copyright (C) ounce tackle. All Rights Reserved.

オンスタックルデザイン