近年、釣り人のゴミ放置により、釣り禁止となる釣り場が増えています。 小さなゴミでも必ず持ち帰り、水や釣り場を汚さないようご協力ください。 OZモニター募集開始!

ounce tackle design オンスタックルデザイン

記事を検索

 時期:
 地域:
 魚種:
ルアー:

月別アーカイブ


以前のレポートはこちら
2009年7月以前のレポートはこちら
HOME>FIELD REPORT -釣り場からの声->ヒットカラー探しのアジング
<< 新しい記事へ
皆様のおかげで、投稿採用 16,000件 を超えました!ありがとうございます!

ヒットカラー探しのアジング

  • 日時 2020.2.29 19~21時頃
  • 地域 新潟県 聖籠町
  • レポ まついさん

久しぶりの釣りに行く事が出来た夜遊びは、この時期にしては波もなく穏やかな海。
キャストもしやすく釣り人にとって好条件。でもこんな時って魚が釣れないんですよね...。

案の定、魚の反応は殆ど無くかなり厳しい状況に、カッティングベイト2インチのアピール力を生かして魚の反応を探ると、フルキャストした沖で生命反応。
でも、針掛かりしない小さな小さな当たり。それもリールを3回転以上回すと生命反応は無くなってしまう。

そこで、魚が吸い込みやすい食わせ重視のマゴバチをセットし、リール3回転の短い間でも確実に食ってくれるヒットカラーを探す事に。

暖色系・寒色系・クリア系・ケイムラ・ラメの有り無し、のワームを色々キャストしたら、「MB-K5 ケイムラ・ファントム/マーブルラメ」への反応が良好。
MB-K5への反応が渋くなったら更にカラーを変えながら反応をうかがうと次のヒットカラーは「MB-9 ピンクグリッター」。

全く違う2色のマゴバチですが、ラメ入りに反応が良かったので、間違いなくヒットカラーだったと思っています。

かなり厳しい状況でしたが、ヒットカラーを探しながらの楽しい夜遊びでした。

<< 新しい記事へ
 


お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク集
Copyright (C) ounce tackle. All Rights Reserved.

オンスタックルデザイン