近年、釣り人のゴミ放置により、釣り禁止となる釣り場が増えています。 小さなゴミでも必ず持ち帰り、水や釣り場を汚さないようご協力ください。 OZモニター募集開始!

ounce tackle design オンスタックルデザイン

記事を検索

 時期:
 地域:
 魚種:
ルアー:

月別アーカイブ


以前のレポートはこちら
2009年7月以前のレポートはこちら
HOME>FIELD REPORT -釣り場からの声->バチ抜けメバルにはマゴバチ
皆様のおかげで、投稿採用 10,000件 を超えました!ありがとうございます!

バチ抜けメバルにはマゴバチ

  • 日時 2019.5.12 19~21時頃
  • 地域 兵庫県 明石市
  • レポ おたまさん

ホームエリアでバチ抜けメバルが開幕したということで、早速行ってきました。
バチ抜けは地域によってその特性が異なります。ここは、月齢や潮の大きさに関係なく、時期と時間に左右されるポイントです。
時合は20時からと予想し、場所取りも含めて19時からエントリー。キャストをせず水面を観察すると、暗くなってしばらくして、バチがウニョウニョ出てきました。
しばらくして、バシュっとバチ抜け時特有のボイル!
始まりの合図とともに、まんまバチのマゴバチMB-11 ナチュラルをキャスト。
水面直下を泳ぐバチをイミテートし、スローなリトリーブで狙うと、ボイル付近のポイントで、ツンっとバイト!すかさずフッキングするとフックアップに成功!
釣れたのは良型の23センチ!
いきなりのMAXサイズの登場に満足しつつ、時合が短いため、撮影後、ライブウェルにキープ。
素早く次のキャストに移ります。すると、同じポイントで立て続けにキャッチ。
時合が短く1時間程で終了。何とかトータル5匹キャッチ。全てリリースしました。
全てマゴバチMB-11でキャッチ。このカラー、バチ抜け最強カラーです。


お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク集
Copyright (C) ounce tackle. All Rights Reserved.

オンスタックルデザイン