近年、釣り人のゴミ放置により、釣り禁止となる釣り場が増えています。 小さなゴミでも必ず持ち帰り、水や釣り場を汚さないようご協力ください。 OZモニター募集開始!

ounce tackle design オンスタックルデザイン

記事を検索

 時期:
 地域:
 魚種:
ルアー:

月別アーカイブ


以前のレポートはこちら
2009年7月以前のレポートはこちら
HOME>FIELD REPORT -釣り場からの声->良型アジをライトワインドで効率的に
皆様のおかげで、投稿採用 10,000件 を超えました!ありがとうございます!

良型アジをライトワインドで効率的に

  • 日時 2019.1.9 22~23時頃
  • 地域 兵庫県 洲本市
  • レポ おたまさん

  • 魚種 アジ
  • サイズ 27cm
  •  3匹
  • ルアー MANATEE 28
  • カラー MT-32

仕事終わりに淡路へ。
狙いは昨年末より釣れていた尺クラスのアジ。
前回釣行時のパターンであったマナティー28のライトワインドとフォローのマゴバチのフロートリグでアジを迎え討ちます。
フィールドは予報通りの北風爆風。
風に悩まされながらも、1.4gのマナティー28MT-32のライトワインドを何とか操作し、潮に流しながらボトムをサーチ。
常夜灯がギリギリ届く手前10m付近のボトムでツン!とアタリ。アワせると、尺足らずの27センチのアジ。
とりあえずアジが居てくれたことにホッとしつつもサイズアップを目論み、すかさずキャスト!群れを逃さず3連発。
群れが去ったタイミングでマゴバチのフロートに切り替えるも、爆風のため釣りにならず…
ここぞのタイミングで集中し、いい釣りができたため、これにて納竿としました。
良型のアジは時合が短いことも多く、群れが回遊したタイミングで、いかに効率よく釣るかが数を伸ばすコツかと思います。
まだまだ未熟なため、さほど数を伸ばせませんでしたが、リズムよく狙えるライトワインドは間違いなく良型アジ攻略に欠かせない武器だと思います。
もっと使い込み、更なる武器にしていきたいと思います。


お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク集
Copyright (C) ounce tackle. All Rights Reserved.

オンスタックルデザイン