近年、釣り人のゴミ放置により、釣り禁止となる釣り場が増えています。 小さなゴミでも必ず持ち帰り、水や釣り場を汚さないようご協力ください。 OZモニター募集開始!

ounce tackle design オンスタックルデザイン

記事を検索

 時期:
 地域:
 魚種:
ルアー:

月別アーカイブ


以前のレポートはこちら
2009年7月以前のレポートはこちら
HOME>FIELD REPORT -釣り場からの声->大阪湾奧アジング&メバリング
<< 新しい記事へ
皆様のおかげで、投稿採用 10,000件 を超えました!ありがとうございます!

大阪湾奧アジング&メバリング

  • 日時 2018.11.30 22~23時頃
  • 地域 大阪府 大阪市
  • レポ ともにぃさん

  • 魚種 アジ
  • サイズ 18cm
  •  13匹
  • ルアー MAGOBACHI & KOBACHI
  • カラー ケイムラクリアーチャート

一時の寒さも緩んできたので、調子の悪かった大阪市内湾奧のマイポイントへエントリーしました。

11月最終日ですが、先週の不調から大きく変わり好調に転じておりました。

開始早々、アタリがあるものの喰い込みが浅く、キャストしては10m位移動しながらアタリをモノにしていくスタイルで24時までで8匹ほど取りました。

反応するワームやカラーはまちまちで、個体数が少ないのか、だらだらと釣れる感じ。

24時頃にワームを回収するのにメバルが表層バイト!

その直後、ボトム付近でガツンとバイト!

アジは喰い渋るというより、見切りが早い感じです。

ランガンスタイルを意識して、追加していくことで数が取れるものの、潮の流れを見誤るとバイトが得られない。

開始当初はテクニカルな感じを受けましたが、実は以外とシンプルで、そもそも1度通したところに2度目を期待しないという概念でキャストするとアタリが復活するという感じ。

ワームローテーションも有効ですが、ポイントを常に移動しながら探るという形がベストでした。

アジですが、取れるレンジもまちまち、メバルに関しても同じで、浮いてきている個体もあるので、早めのリトリーブでもバイトしてくる感じでした。

12月に入りシーズン終盤ですが、暖冬からかアジはまだまだ釣れそうですよ。

<< 新しい記事へ
 


お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク集
Copyright (C) ounce tackle. All Rights Reserved.

オンスタックルデザイン