近年、釣り人のゴミ放置により、釣り禁止となる釣り場が増えています。 小さなゴミでも必ず持ち帰り、水や釣り場を汚さないようご協力ください。 OZモニター募集開始!

ounce tackle design オンスタックルデザイン

記事を検索

 時期:
 地域:
 魚種:
ルアー:

月別アーカイブ


以前のレポートはこちら
2009年7月以前のレポートはこちら
HOME>FIELD REPORT -釣り場からの声->いつもと違う竿を使って
皆様のおかげで、投稿採用 10,000件 を超えました!ありがとうございます!

いつもと違う竿を使って

  • 日時 2018.11.6 0~2時頃
  • 地域 和歌山県 和歌山市
  • レポ まいせんさん

  • 魚種 アジ
  • サイズ 20cm
  •  12匹
  • ルアー MAGOBACHI & KOBACHI
  • カラー 12.レッドグリッター

普段はチューブラーロッドを使っているのですが、知り合いのソリッドロッドでのアジングに挑戦すべく、近場の漁港にエントリーしました。

とりあえずいつも通りに、と思い1グラムのジグヘッドにマゴバチ(12.レッドグリッター)をセットしてキャストしてみました。
ティップが自分の竿よりも柔らかいためか、竿にジグヘッドの重さがしっかり乗り、飛距離が伸び、いつも探れないところからアジ探しを始めました。
しかし、ティップの柔らかさに慣れず、シェイクがうまくできずに開始早々苦戦を強いられる結果となりました。
ならばと、巻きの釣りをしようと思い立ち、中層~ボトムを引いてくると、明確なあたりが出て、ようやくアジをゲットすることに成功しました。
このパターンでひたすら釣り続け、途中でマゴバチでないワームにしてみると、あたりはあるが乗らない…
という状況になり、巻きで食ってくるアジはあまりやる気がないという事実と、そのアジたちですらがっつり食らいつくマゴバチの強さを痛感し、制限時間としていた2時間が経ったので納竿としました。

釣果は竿の使い方に苦戦したこともあり、12匹と爆釣とまでは行きませんでしたが、シビアなシチュエーションでもしっかり期待に応えるマゴバチのおかげで、帰宅後、アジの刺身をおいしく食べられました。


お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク集
Copyright (C) ounce tackle. All Rights Reserved.

オンスタックルデザイン