近年、釣り人のゴミ放置により、釣り禁止となる釣り場が増えています。 小さなゴミでも必ず持ち帰り、水や釣り場を汚さないようご協力ください。 OZモニター募集開始!

ounce tackle design オンスタックルデザイン

記事を検索

 時期:
 地域:
 魚種:
ルアー:

月別アーカイブ


以前のレポートはこちら
2009年7月以前のレポートはこちら
皆様のおかげで、投稿採用 10,000件 を超えました!ありがとうございます!

豆アジとの戦い

  • 日時 2018.7.8 0~4時頃
  • 地域 大阪府 泉南市
  • レポ ノキさん

  • 魚種 アジ
  • サイズ 10cm
  •  11匹
  • ルアー MAGOBACHI & KOBACHI
  • カラー 白夜、マジカルアンバー、スーパーグロー

小雨の降る中比較的濁りの少ない常夜灯の利いた港湾部へエントリーしました。
風はほぼ吹いておらずいつもと比べると濁りが入っていたので、ジグヘッド0.6g+マゴバチスーパーグローの組み合わせでスタートしました。
ここからやつ(豆アジ)との戦いがはじまりました・・・
キャストしてアクションを入れるとアタリがあるがのらない。
リーリングしてアタリがあっても巻き続けてものらない。
テンションフォールおよびフリーフォール中でのアタリも・・・
ほぼ毎投アタリがあるのにフッキングしないという状況を打破してくれたのが、点発光の白夜とマジカルアンバーでした。
点での発光がアミの集合体に見えるんですかね?豆アジなのでフッキング率は悪いですが、白夜とマジカルアンバーに変更するとひったくるようなアタリが増えました。
ワームのカラーローテやジグヘッドの重さの変更(0.3~2g)などいろいろ試しましたが、豆アジを狙ってフッキングさせるのはかなりの難題でしたが、それでも何とか11匹は釣り上げることができたのでマゴバチには感謝です!!
アタリの数はかなりあったので、次回の釣行時は豆アジ用のアシストフックを使用して、フッキング率&キャッチ率の上昇を試みたいと思います。


お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク集
Copyright (C) ounce tackle. All Rights Reserved.

オンスタックルデザイン