近年、釣り人のゴミ放置により、釣り禁止となる釣り場が増えています。 小さなゴミでも必ず持ち帰り、水や釣り場を汚さないようご協力ください。 OZモニター募集開始!

ounce tackle design オンスタックルデザイン

記事を検索

 時期:
 地域:
 魚種:
ルアー:

月別アーカイブ


以前のレポートはこちら
2009年7月以前のレポートはこちら
HOME>FIELD REPORT -釣り場からの声->令和最初のタチウオ調査
皆様のおかげで、投稿採用 10,000件 を超えました!ありがとうございます!

令和最初のタチウオ調査

  • 日時 2019.5.1 18~20時頃
  • 地域 兵庫県 淡路市
  • レポ ビリーブさん

  • 魚種 タチウオ
  • サイズ ~80cm
  •  5匹
  • ルアー MANATEE Pintail 105 (FLAP)
  • カラー ルミノーバ/レッドヘッド

明るいうちは遠投ボトムを中心に探っていましたが異常なし。
辺りも暗くなってきた19時過ぎ、さあ、これからという時に地球を釣ってしまい、無念のラインブレイク。

もういつ反応があってもおかしくない時間帯、慌ててシステムを組み直し再開。ケミチューンの手間が省けるので発売後から多用しているルミノーバを蓄光し、そろそろ浮いてきているであろうことを考え、カウント7からアクション開始。

アクションからのフォール時、常に張ったラインが緩み、即合わせを入れますが、軽く手応えなし、かなりの食い上げか、糸ふけを取って再合わせを入れる。すると・・・今度はフッキングした手応え。アベレージサイズのタチウオGet。何とか間に合いました。

もうかなり浮いている様子、次からカウント5くらいからアクション開始、フォールでは明確なアタリが出、3連続でキャッチ。
その後は、数度のミスバイトの後、なんとか1匹を追加したところで、はたと反応が無くなり。わずか20分程度でジアイ終了となりました。

直前のライブレイクが悔やまれますが、前日の雨の影響もなく島タチ上向きです。


お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク集
Copyright (C) ounce tackle. All Rights Reserved.

オンスタックルデザイン