近年、釣り人のゴミ放置により、釣り禁止となる釣り場が増えています。 小さなゴミでも必ず持ち帰り、水や釣り場を汚さないようご協力ください。 OZモニター募集開始!

ワインド釣法、ジグヘッド・ワーム・ミノー等フィッシングルアーならオンスタックルデザイン

記事を検索

 時期:
 地域:
 魚種:
ルアー:

月別アーカイブ


以前のレポートはこちら
2009年7月以前のレポートはこちら
皆様のおかげで、投稿採用 10,000件 を超えました!ありがとうございます!

久々のワインド

  • 2017.8.6 0~5時頃
  • 広島県 呉市
  • 太刀蔵さん

  • タチウオ
  • 80cm
  • 3匹
  • MANATEE
  • MT-19 MT-K6 

7月に5連チャンほどボウズをくらって少し自粛していましたが、8月に入ったので久々にワインドに行きました。
12時前に到着しましたが、土曜の夜だけあっていつもの波止は人で賑わってました。
先行者に話を聞くと夕方からやってるが、上がったのは3匹くらいだけのこと。
例年だいたい広島の夏タチは厳しいイメージですが今年はさらに厳しいかと覚悟しながら準備します。
いつものセオリー通り1/4オンスのZZヘッドMT-1でスタート。隣に人がいるので正面しか投げれませんが、表層からボトムまで探りますが反応なし。
自分の夜中の鉄板カラーである常夜灯カラーに合わせたMT-19にケミチューンでキャストするとカウント10で待望のヒット。
指3本ほどでしたが久々のガツンとした当たりに興奮しました。
その後同様に探りますが当たりがないので、今度は MT-K6にケミチューンで探るとすぐに表層で2連チャンし、気分良く納竿しました。
不思議と今回釣ったタチウオはなぜか全部シッポが噛みちぎられていました。


お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク集
Copyright (C) ounce tackle. All Rights Reserved.

オンスタックルデザイン