近年、釣り人のゴミ放置により、釣り禁止となる釣り場が増えています。 小さなゴミでも必ず持ち帰り、水や釣り場を汚さないようご協力ください。 OZモニター募集開始!

ワインド釣法、ジグヘッド・ワーム・ミノー等フィッシングルアーならオンスタックルデザイン

記事を検索

 時期:
 地域:
 魚種:
ルアー:

月別アーカイブ


以前のレポートはこちら
2009年7月以前のレポートはこちら
HOME>FIELD REPORT -釣り場からの声->ライトワインドチャレンジ STG2
皆様のおかげで、投稿採用 10,000件 を超えました!ありがとうございます!

ライトワインドチャレンジ STG2

  • 2017.6.17 15~20時頃
  • 兵庫県 神戸沖堤防
  • へろへろもへじさん

  • カサゴ
  • ~23.5cm
  • 9匹
  • WIND SHAD 40
  • マジカルレッドヘッド、テストカラー

今回も参加しました。
ライトワインドチャレンジ。

初開催かと思いますがポイントは神戸沖第5防波堤。

開始後、スリットを中心に私は防波堤の西側に向けて移動しながら探っていきましたが明るいうちはマジカルレッドヘッドのノンキーパーサイズが2匹当たっただけ。

とんでもない数のエイの大群に何度もジグを持っていかれて日が落ちるまではほとんど釣りにならず。

日が落ちて残り時間も1時間を切り、半分あきらめ気味にブロック座り込んで再度マジカルレッドヘッドを十数回ほどキャストするもそれほど反応がなく、あまりしゃくりすぎてもダメかな?と2~3しゃくりのステイを長め、若干の引き誘いを入れ、またしゃくり。
と、これまで以上にステイや誘い引きの感覚を長くすると当たるんですが、啄む程度でフッキングしない。
のこり30分を切ったのでカラーを変更しようと、ふと以前に「試して感想聞かせて」と大将からもらったプロトのテストカラー「ババスラ」を思い出し、キャスト。
同様のステイ長めの誘いで今度はさっきよりもあたりがはっきりと。
で、合わせるとしっかりとフッキング!
それ以降、カラーがあったのかキーパーサイズを連発。
なんとか23cm超えを含む9匹をキャッチし、今回は前回よりも1ランクアップでの入賞が叶いました。

いつもながらカラーの違いでこれだけの反応の違いに感心させられます。ほんとにワインドは奥が深いです。


お問い合わせ | プライバシーポリシー | リンク集
Copyright (C) ounce tackle. All Rights Reserved.

オンスタックルデザイン